横浜の一戸建てや土地を探すなら【ホームタウンよこはま】 [横浜市 緑区] : 一覧

エリア横浜市緑区の物件一覧

該当物件80

1 | 2 | 3 | 4 | 次へ

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

中古一戸建

横浜市緑区長津田2丁目 一戸建 5280万円 1号棟

2019.07.19更新
価格
5,280万円
間取
4LDK
面積
土地: 72.94㎡ 建物面積: 110.54㎡
交通

田園都市線 長津田駅 徒歩 4分

横浜線 十日市場駅 バスを利用

新築一戸建

値下げしました!「十日市場」駅徒歩圏 新築一戸建て(3) カースペース2台

2019.07.09更新
価格
5,000万円
間取
4LDK
面積
土地: 173.03㎡ 建物面積: 98.21㎡
交通

横浜線 十日市場駅 徒歩 20分

横浜線 十日市場駅 バスを利用

条件無土地

「中山」駅利用 建築条件無売地(B) 緑豊かで、閑静な住環境。

2019.07.09更新
価格
4,980万円
面積
土地: 209.75㎡ 建築可能最大: 167㎡
条件
建築条件無し
交通

横浜線 中山駅 徒歩 23分

横浜線 中山駅 バスを利用

新築一戸建

「長津田」駅徒歩圏内 新築一戸建て(1) ゆとりある敷地約44坪

2019.07.16更新
価格
4,980万円
間取
4LDK
面積
土地: 146.49㎡ 建物面積: 105.29㎡
交通

田園都市線 長津田駅 徒歩 16分

横浜線 中山駅 バスを利用

新築一戸建

「長津田」駅徒歩圏内 新築一戸建て(2) ゆとりある敷地約44坪

2019.07.16更新
価格
4,980万円
間取
4LDK
面積
土地: 146.26㎡ 建物面積: 103.68㎡
交通

田園都市線 長津田駅 徒歩 16分

横浜線 中山駅 バスを利用

新築一戸建

値下げしました!「中山」駅利用 新築一戸建て(14) 地下車庫

2019.07.09更新
価格
4,880万円
間取
4LDK
面積
土地: 130.1㎡ 建物面積: 129.04㎡
交通

横浜線 中山駅 徒歩 16分

グリーンライン 川和町駅 徒歩 18分

新築一戸建

値下げしました!「中山」駅利用 新築一戸建て(13) 地下車庫

2019.07.09更新
価格
4,880万円
間取
4LDK
面積
土地: 130.17㎡ 建物面積: 126.07㎡
交通

横浜線 中山駅 徒歩 16分

グリーンライン 川和町駅 徒歩 18分

新築一戸建

「中山」駅利用 新築一戸建て(3) 全14棟現場

2019.07.09更新
価格
4,880万円
間取
4LDK
面積
土地: 130.5㎡ 建物面積: 101.43㎡
交通

横浜線 中山駅 徒歩 16分

グリーンライン 川和町駅 徒歩 18分

条件無土地

「中山」駅利用 建築条件無売地(A) 緑豊かで、閑静な住環境。

2019.07.09更新
価格
4,880万円
面積
土地: 219.77㎡ 建築可能最大: 175㎡
条件
建築条件無し
交通

横浜線 中山駅 徒歩 23分

横浜線 中山駅 バスを利用

新築一戸建

値下げしました! 「中山」駅利用 新築一戸建て(1) 地下車庫

2019.07.09更新
価格
4,780万円
間取
4LDK
面積
土地: 130.15㎡ 建物面積: 128.97㎡
交通

横浜線 中山駅 徒歩 16分

グリーンライン 川和町駅 徒歩 18分

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

該当物件80

1 | 2 | 3 | 4 | 次へ

横浜市緑区の街情報
横浜市緑区は、横浜市の北西部に位置します。鶴見川に沿うように東西に長い地形の面積25.51km2、人口180,582人(2016年2月1日)の区です。 緑区内には、JR横浜線、横浜市営地下鉄グリーンライン、東急田園都市線、横浜高速鉄道こどもの国線の各鉄道が乗り入れており、路線バスは、東急バス、横浜市営バス、相鉄バス、神奈川中央交通バスの4社が担っています。  緑区の中心的な駅は、中山駅と長津田駅です。平成20年(2008年)に中山駅が始発となる、横浜市営地下鉄グリーンライン(横浜市高速鉄道4号線)が開通、東急東横線の日吉駅へ接続されたことで、都内へのアクセスルートやその途中にある港北ニュータウン地区への利便性が大幅に向上しました。 また、長津田駅は、JR横浜線、東急田園都市線、こどもの国線が交差するターミナル駅となっています。長津田駅は、1日に約12万人の乗車人員を数える横浜市北部地域の主要な交通結節点として、長年、駅周辺の再開発事業が進められています。 緑区の成り立ちですが、昭和44年(1969年)に港北区川和支所管内を緑区として、港北区より分区して成立しました。その後平成6年(1994年)の行政区再編成により、北部を青葉区と都筑区へ分区し、現在に至ります。  緑区はその名の通り、三保市民の森、新治市民の森、四季の森公園など、広大な緑や公園が数多くあり、区内を流れる鶴見川、恩田川などの多くの自然環境も残されているエリアです。また、そのような環境でありながら、通勤などの利便性もしっかりと確保されており、横浜の北部地域でのびのびと子育てをしたいファミリー世帯にはとても適した区であると言えます。 <エリア情報> 一般病院・診療所数:129件 小児科:29件 保育園:36件 小学校:17校 中学校:9校 高等学校:5校