横浜の一戸建てや土地を探すなら【ホームタウンよこはま】 [横浜市 保土ケ谷区] : 一覧

エリア横浜市保土ケ谷区の物件一覧

該当物件99

1 | 2 | 3 | 4 | 次へ

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

新築一戸建

「和田町」駅徒歩圏内 新築一戸建て(1) カースペース並列2台

2018.10.09更新
価格
5,789万円
間取
4LDK
面積
土地: 163.48㎡ 建物面積: 105.16㎡
交通

相模鉄道線 和田町駅 徒歩 16分

ブルーライン 三ッ沢上町駅 徒歩 19分

新築一戸建

「和田町」駅徒歩圏内 新築一戸建て(2) カースペース並列2台

2018.10.09更新
価格
5,639万円
間取
4LDK
面積
土地: 163.48㎡ 建物面積: 105.16㎡
交通

相模鉄道線 和田町駅 徒歩 16分

ブルーライン 三ッ沢上町駅 徒歩 19分

新築一戸建

「保土ケ谷」駅徒歩12分 新築一戸建て(5) ゆとりの4LDK 床暖房付き

2018.10.11更新
価格
4,980万円
間取
4LDK
面積
土地: 121.02㎡ 建物面積: 102.12㎡
交通

横須賀線 保土ヶ谷駅 徒歩 12分

相模鉄道線 星川駅 徒歩 19分

新築一戸建

「西谷」駅徒歩15分 新築一戸建て カースペース並列2台 玄関吹抜け

2018.10.09更新
価格
4,680万円
間取
4LDK
面積
土地: 169.45㎡ 建物面積: 108.47㎡
交通

相模鉄道線 西谷駅 徒歩 15分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

JR「東戸塚」駅利用 新築一戸建て 南向きバルコニー

2018.10.02更新
価格
4,680万円
間取
5LDK
面積
土地: 155.43㎡ 建物面積: 110.54㎡
交通

横須賀線 東戸塚駅 バスを利用

相模鉄道線 二俣川駅 バスを利用

新築一戸建

「井土ヶ谷」・「保土ケ谷」駅利用 新築一戸建て(1) カースペース2台

2018.10.09更新
価格
4,680万円
間取
4LDK
面積
土地: 129.74㎡ 建物面積: 104.53㎡
交通

京浜急行本線 井土ヶ谷駅 徒歩 23分

横須賀線 保土ヶ谷駅 徒歩 25分

新築一戸建

「井土ヶ谷」・「保土ケ谷」駅利用 新築一戸建て(2) カースペース2台

2018.10.09更新
価格
4,580万円
間取
4LDK
面積
土地: 134.49㎡ 建物面積: 104.12㎡
交通

京浜急行本線 井土ヶ谷駅 徒歩 23分

横須賀線 保土ヶ谷駅 徒歩 25分

新築一戸建

「平沼橋」駅徒歩圏 新築一戸建て(B) スカイバルコニー

2018.10.09更新
価格
4,580万円
間取
4LDK
面積
土地: 136.24㎡ 建物面積: 101.85㎡
交通

相模鉄道線 平沼橋駅 徒歩 17分

京浜東北線 横浜駅 徒歩 24分

中古一戸建

「上星川」駅徒歩2分 中古一戸建て H26年2月築! LDK床暖房

2018.10.04更新
価格
4,480万円
間取
4LDK
面積
土地: 64.32㎡ 建物面積: 95.99㎡
交通

相模鉄道線 上星川駅 徒歩 2分

ブルーライン 三ッ沢上町駅 バスを利用

新築一戸建

「東戸塚」駅利用 新築一戸建て(1) 全3棟現場 カースペース並列2台

2018.10.02更新
価格
4,480万円
間取
4LDK
面積
土地: 125.08㎡ 建物面積: 99.78㎡
交通

横須賀線 東戸塚駅 バスを利用

相模鉄道線 二俣川駅 バスを利用

新築一戸建

「東戸塚」駅利用 新築一戸建て(1) 南側道路に接道

2018.10.09更新
価格
4,380万円
間取
4LDK
面積
土地: 125.06㎡ 建物面積: 98.95㎡
交通

横須賀線 東戸塚駅 バスを利用

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

該当物件99

1 | 2 | 3 | 4 | 次へ

横浜市保土ヶ谷区の街情報
横浜市保土ヶ谷区は、面積21.93km2、人口は206,247人(2016年5月1日現在)の区です。保土ヶ谷区内は山坂が多く、起伏に富んだ地勢が特徴となっています。  現在の保土ヶ谷区内には、JR東海道線、JR横須賀線、JR湘南新宿ライン、相鉄線が乗り入れ、平成30、31年には相鉄線西谷駅にJR線と東急線の乗り入れも予定されています。また、バスは神奈川中央交通バス、横浜市営バス、相鉄バスなどが運行されています。保土ヶ谷区は、JR横須賀線の保土ヶ谷駅自体が横浜駅の南西方向に1つ隣りの駅であり、横浜市内における保土ヶ谷区の位置が市の中心部にあるという利便性の高さからも注目の区となっています。 保土ヶ谷区は、明治22年(1889年)の町村制施行により、現在の区域に近い保土ヶ谷町が成立したことがその起源になります。その後合併などを経て横浜市へ編入され、昭和2年(1927年)に現在の保土ヶ谷区が誕生しました。 保土ヶ谷区には、かつて東海道五拾三次にも登場する保土ヶ谷(程ヶ谷)宿がありました。保土ヶ谷宿は、日本橋を旅立つと、品川宿~川崎宿~神奈川宿、そして保土ヶ谷宿と4番目の宿場にあたり、日本橋からは8里9町(32.4km2の距離となります。江戸時代の成人男性は1日で40km2度歩き、ちょうど戸塚宿あたりで宿泊することが多かったようですが、老人や女性などの多くは戸塚宿のひとつ手前の保土ヶ谷宿で宿をとったようです。保土ヶ谷の地名の由来は、窪んだ所という意味を持つ古語である“ホト”(或いは“ホド”)のような谷が語源という説など、諸説あるようですが明確には解っていません。 <エリア情報> 一般病院・診療所数:130件 小児科:31件 保育園:31件 小学校:21校 中学校:10校 高等学校:5校 ※保土ヶ谷区の表記は、正しくは「保土ケ谷区」です。