横浜の一戸建てや土地を探すなら【ホームタウンよこはま】 [横浜市 神奈川区] : 一覧

エリア横浜市神奈川区の物件一覧

該当物件43

1 | 2 | 3 | 次へ

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

マンション

アトレフォルム横濱松ケ丘 中古マンション

2019.02.14更新
価格
5,700万円
間取
3LDK
面積
専有: 78.62㎡
交通

東急東横線 反町駅 徒歩 7分

ブルーライン 三ッ沢下町駅 徒歩 4分

新築一戸建

BL「片倉町」駅徒歩8分 新築一戸建て(1) 対面キッチン・リビングイン階段

2019.02.07更新
価格
5,580万円
間取
4LDK
面積
土地: 125.08㎡ 建物面積: 95.01㎡
交通

ブルーライン 片倉町駅 徒歩 8分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

東横線「白楽」駅徒歩11分 新築一戸建て(B) 角地 LDK床暖房

2019.02.12更新
価格
5,480万円
間取
4LDK
面積
土地: 90㎡ 建物面積: 101.64㎡
交通

東急東横線 白楽駅 徒歩 11分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

「大口」駅徒歩13分 新築一戸建て(C)全3棟 床暖房

2019.02.19更新
価格
4,980万円
間取
4LDK
面積
土地: 101.22㎡ 建物面積: 104.33㎡
交通

横浜線 大口駅 徒歩 13分

京浜急行本線 生麦駅 徒歩 25分

新築一戸建

BL「片倉町」駅徒歩8分 新築一戸建て(2) 対面キッチン・リビングイン階段

2019.02.07更新
価格
4,980万円
間取
4LDK
面積
土地: 105.67㎡ 建物面積: 84.48㎡
交通

ブルーライン 片倉町駅 徒歩 8分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

東横線「白楽」駅徒歩11分 新築一戸建て(A) LDK床暖房

2019.02.12更新
価格
4,880万円
間取
4LDK
面積
土地: 62.1㎡ 建物面積: 104.91㎡
交通

東急東横線 白楽駅 徒歩 11分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

「片倉町」駅徒歩9分 新築一戸建て(1) 全居室2面採光

2019.02.19更新
価格
4,850万円
間取
3LDK
面積
土地: 60.01㎡ 建物面積: 103.04㎡
交通

ブルーライン 片倉町駅 徒歩 9分

東急東横線 白楽駅 徒歩 21分

新築一戸建

「片倉町」駅徒歩7分 新築一戸建て(A) 全4棟現場

2019.02.12更新
価格
4,840万円
間取
2LDK+2S
面積
土地: 65.86㎡ 建物面積: 102.24㎡
交通

ブルーライン 片倉町駅 徒歩 7分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

「片倉町」駅徒歩7分 新築一戸建て(D) 全4棟現場

2019.02.12更新
価格
4,840万円
間取
2LDK+2S
面積
土地: 66.68㎡ 建物面積: 103.44㎡
交通

ブルーライン 片倉町駅 徒歩 7分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

値下げしました!「神奈川新町」駅徒歩10分 新築一戸建て 3沿線5駅ご利用可能!

2019.02.19更新
価格
4,780万円
間取
4LDK
面積
土地: 80.16㎡ 建物面積: 92.32㎡
交通

京浜急行本線 神奈川新町駅 徒歩 10分

東急東横線 東白楽駅 徒歩 11分

新築一戸建

「片倉町」駅徒歩7分 新築一戸建て(C) 全4棟現場

2019.02.12更新
価格
4,740万円
間取
2LDK+2S
面積
土地: 65.44㎡ 建物面積: 102.24㎡
交通

ブルーライン 片倉町駅 徒歩 7分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

新築一戸建

「片倉町」駅徒歩7分 新築一戸建て(B) 全4棟現場

2019.02.12更新
価格
4,690万円
間取
2LDK+2S
面積
土地: 62.96㎡ 建物面積: 103.44㎡
交通

ブルーライン 片倉町駅 徒歩 7分

京浜東北線 横浜駅 バスを利用

まとめてお気に入りに登録する

まとめて資料請求する

該当物件43

1 | 2 | 3 | 次へ

横浜市神奈川区の街情報
横浜市神奈川区は、面積23.73km2、人口239,268人(2016年2月1日)の区です。現在の横浜駅は、北に新田間川、南に帷子川に挟まれた西区内に位置しますが、新田間川を渡ればそこは神奈川区です。例えば、横浜駅東口にあるデパート、横浜そごうと平成18年(2006年)に開業した商業施設の横浜ベイクォーターとは、動く歩道が設置されたかもめ橋で繋がっていますが、横浜ベイクォーターは神奈川区(金港町)にあります。このような距離感です。また、江戸の時代まで遡れば、現在の神奈川区台町付近には東海道五十三次の宿場の一つである神奈川宿がありました。このように神奈川区は、昔も今も横浜の中心地として栄えているエリアと言えるでしょう。 神奈川区の歴史は、明治22年(1889年)、青木町・神奈川町・芝生村が合併し、現在の神奈川区の核とも言える神奈川町が生まれました。その後、明治34年(1901年)、神奈川町が横浜市に合併されます。そして時が流れ、昭和2年(1927年)、横浜市の区制施行により現在の神奈川区が誕生しました。  次に公共交通についてです。神奈川区内には、横浜市営バス、神奈川中央交通バス、相鉄バス、川崎鶴見臨港バス、計4社の路線バスが乗り入れ、鉄道は、JR京浜東北線、JR横浜線、東急東横線、京浜急行線、横浜市営地下鉄ブルーライン線が乗り入れています。また、現在JR羽沢貨物駅の旅客化工事が進んでおり、新たな羽沢駅には東急線も接続されます。このように、神奈川区は今後更なる発展が見込まれています。 <エリア情報> 一般病院・診療所数:200件 小児科:38件 保育園:36件 小学校:21校 中学校:11校 高等学校:8校